アメリカ旅行7〜最後に、ロサンゼルス〜

f:id:tamacko:20170708133107j:plain

 ミュージカル三昧の翌日、ロサンゼルスへと出発した。LAは従兄弟がずっと住んでいて、行きたいとずっと思っていたのだけど、なかなか機会がなかったので会いに行った。

 空港着いてまず連れてってもらった、in-n-outバーガー美味しかったw。ニューヨークではあんまりハンバーガーショップには入らなかったんだけど、非常に普通で美味しかった。ポテトにカロリー高そうなソースがかかってて、あと、唐辛子の酢漬けみたいなのも取り放題になってて、おなかいっぱいになった。カリフォルニア州マリファナが解禁されたばかりと言うことで、街中でも至る所でマリファナ臭がする。従兄弟がやってるかどうかについては深く聞かなかったw。

f:id:tamacko:20170708133146j:plain

 ロサンゼルスの街中は、ちょうど、翌日からアカデミー賞の発表があるところで、メインストリートにレッドカーペットがしかれ、その外側を柵が取り囲む厳戒態勢。まだ前日なので、有名人はいない。あんまり夜歩くのはよろしくないと言うことで、ちょっと通りを歩いただけ。トランプ政権になって、ヘイトクライム的なのが増えていて、従兄弟も実際に嫌がらせに遭ったりしているといっていた。その日は、従兄弟がアニメ・ゲームの制作関係の仕事をしている関係で、制作会社の社員の自主制作作品の発表会に混ぜてもらった。スタジオ見学もさせてもらって、ほんとに(建物の作りとかが)ラ・ラ・ランド的な感じで感動した。上映されたアニメ作品は数秒のくだらないものから、力作の短編まですごい数があって、エネルギーすごいなと思った。トランプ批判が目立った。その夜はピザを従兄弟の家に持って帰って食べた。これも美味しかった。

f:id:tamacko:20170708133236j:plain

 翌日は近くのショッピングモールの中にある中華料理屋で飲茶を食べて、そのあと連れてってもらったのはGetty Center という郊外の小高い丘の上にある美術館。リチャード・マイヤーという建築家の純白のモダニズム建築で、丘の上にあるので景色がきれいだったり、庭がきれいだったりする(天気がイマイチだったので残念だった)。展示品は古代から現代までまんべんなくという感じ。でかいジャコメッティがあったのがたしかここだった気がする。よく見るやつの等身大かもっとでかいやつ。

f:id:tamacko:20170708133354j:plain

 夜はステーキハウスに連れて行ってもらった。ここで食べたステーキが、今回の旅で食べたもので一番美味しかった。まあ、みんなで食べたって言うのもあるけど。すごい混んでる店で、待たされるんだけど、その間バーカウンターででかいジョッキでビールを飲んでられて、サービスで殻付きのピーナッツが出て来る(おかわり自由)んだけど、殻をみんな床に捨てるからその店の床はピーナッツの殻が踏み潰された屑で覆われているという。何はともあれ、美味しかったです。

 

f:id:tamacko:20170708133411j:plain

 そんなわけで旅は終わりを迎えました。2週間の長くもなく、短くもなくの旅だったけど、ひとり旅にしては見たいものも、食べたいものも、行きたいところもがまんしない、贅沢な行程だったと思う。遊びほうけてバカになるぐらいなつもりだったけど、途中アメリカの傷跡的なスポットを訪れて、予想外にしみじみさせられたりして、勉強になった旅でもあった。

 次にブロードウェイを訪れる機会が来るかわからないけれど、やっぱりアメリカがここにある、と思ったし、世界のミュージカルの中心を感じることが出来たのは本当によかった、感動した。アメリカの見方が少し変わった部分もあって、この旅の影響は大きいと思う。

 たとえ、もう一度ニューヨークを旅行で訪れる機会があったとしても、こんな旅は二度と出来ないと思うから、「また行きたい」じゃなくて、今度は違う旅をしようと思う。