アメリカ旅行1〜いきさつ・旅のはじまり〜

f:id:tamacko:20170303110041j:plain

2/17〜2/26までの期間でアメリカに行き、ニューヨーク(6泊)、ワシントン(1泊)、ロサンゼルス(2泊)で観光三昧してきた。

アメリカを選んだ理由は、

  • 今ホットだから
  • こんなに長期の休みはもう取れないと思ったから
  • 『Hamilton』のチケットがとれそうだったから

というのが主なところ。

 ロサンゼルスにはいとこが住んでいて、これまで訪れたことがなかったので良い機会だったとか、時期がよくて航空券が安かった(東京⇒NY⇒LA⇒東京で8万ぐらいだった)というのもある。

 真冬だということで特にNYは厳寒を覚悟していったんだけど、思ったより寒くなかった、というよりめちゃくちゃ暖かかった。日本(東京)より全然暖かい。セーターとかたくさん持って行ったのに、全部荷物になって非常にかさばった。NYを離れる日に寒波が来ているとかテレビでやってたので、もしかしたら運がよかったのかも。

 逆に、ロサンゼルスは暖かいと思ってたのに寒かった。NYと変わらないかNYより寒かった。それでも日本に帰ってきたときに凍え死ぬかと思ったくらいだったので、だいたい快適に過ごすことができた。

f:id:tamacko:20170708134535j:plain

 航空券(と長距離列車)とホテルだけとっての旅行だったので、大まかにスケジュールを立ててあとはその日その日で適当に、という感じ。通例、どこかに旅をするとどっかで飲んだくれたりして計画通りに行かないことも多いのだけど、今回はかなり真面目にスケジュール通りにこなす旅になった(終盤崩れたけど)。その理由は、NY初めてだったので、定番コース含めて行きたいところが多くて詰め込み気味だったというのがひとつ。もうひとつは、「絶望的に現地でコミュニケーションがとれなかった」ため、計画を変える必要性が生じなかった。

 正直、もう少し出来ると思っていた。こちらの言うことはだいたい困らずに伝えることが出来たんだけど、相手の言うことがもうほんとにわからない。ホテルのチェックインとかですらわからない。これは結構傷つきましたね。今まで仕事/プライベートで英語を使う機会はある程度あって、アメリカ人の英語は難しいなと思っていたものの、もう少しなんとかなっていたと思っていたのに。。。

 もう少し話が出来れば、例えば飲み屋でたまたま話した人のすすめで次の日の予定を変えるとか、そういうことがあるわけで、なのに、ここまでわからないとこちらから話しかけるのもはばかられて、時々話が通じなくて嫌な顔されたりするし、そういうのでテンションが下がることもあって、はぁ。。。そんなやつの英語をわりとスムーズにわかってくれるニューヨーカーはいろんな英語を聞き取る能力に長けているのだなあとありがたく思ったのであった。

 行きの飛行機はダラスで乗り継ぎ。飛行機のチケットをとってからワシントンに行くことを思いついたので、そうじゃなかったらワシントン入りにすれば効率的だったなと思う。NY⇔ワシントンDCのアムトラックもけっこう高かった(片道180USD)から。飛行機の中で『ラ・ラ・ランド』を観たいと思ってたのになくて残念。その代わりに『スノーデン』を見たら、特にワシントンのホテルの部屋はだだっ広くて、誰かに見られてる感が半端なかった。

 ダラスに着いたのは朝、ほぼ時間感覚を失った状態でついたけど、さすがにビールを飲む気分にもなれず、ほぼなにもせずに2時間半の乗り継ぎ時間を空港内で過ごす。それからさらに3−4時間。ひさしぶりに長距離の飛行機で疲れたけど、 窓からマンハッタンが見えたときはテンションが上がった。

f:id:tamacko:20170708121611j:plain

 泊まったのはアッパーイーストサイドのコートヤードマリオット。夕方ニューヨークに着いて、まっすぐ向かったホテルだったはずなんだけど、迷った。高級アパートのドアマンの人に道を聞いて何とかたどり着いて、、、最初から良い具合に旅をしている。最初のディナーはホテルの近くのレストランでハンバーガー。デザートに頼んだアップルパイがハンバーガーより大きくて、隣のおじさんに「食べてあげよっか」とかってからかわれた。

f:id:tamacko:20170708134336j:plain

 旅の記録。