2011振り返り



世の中は地震&津波&放射能で1年終わってしまったような、と思っていたらタイは洪水、ギリシャは破産、イランは戦争前夜。児玉清が死んだと思ったら、スティーブ・ジョブズ金正日。地球規模で運勢が低下していた1年でした。個人的には震災の影響とかはあんまりなくて、お仕事は一時期すごく大変だったり、直後は大学に入って間もない弟を本気で海外に逃がそうとか画策したりした(家族は恐ろしく無関心だった。弟はその後東北のボランティアに行った。)のですが、まあ平穏でした。

去年立てた目標を振り返ると、、、

・お人形(達成度80%)
けっこういろいろやって、お金も使って、発見もあったり、これからやりたいことも出てきたり。後日レポートします。
ほんとは一年のうちに大きなお人形を買うぐらいの知識/感覚を身につけたかったんだけど、そこまでは行けなかった。2012はドールのお勉強をしていって、大きな人形をお迎えしたい。その先は、お洋服とか、ディープな世界にw。秋葉原の電気街口を出たとこすぐにボークスショールームが出来てそこのSDのフロアが美術館みたいですごい。とりあえずあそこに通ってみるとか。もしかしたら人のつながりも出来るかも。
フィギュアはいろいろ見たり買ったり、といってもなんかけいおん率が高くなっちゃったんだけど、アニメキャラのフィギュアの身体についてけっこう考えられた。自分の趣味もあって少女のキャラが多くて、あんまりボインボインのグラマーなフィギュアは家にないんだけど、この少女の身体になにが求められているのか、テーマは「袋持つ少女」。
このテーマは2012も継続。まだ飽きてないよ。

・株(60%)
はじめた。達成率は運用成績で定量判断orz。しょうがないよ、地震あったし、それでもうまくやる人はいるんだけどさ。ドワンゴ株主総会に出たりして、これからもこういう投資の仕方をしていきたい。あんまり関係ないところの株はとりあえず株価戻って欲しい(切実)。値下がりしちゃってほっといたりしてるので、あんまり回せてないので、今年はもうちょっと追加資金を投入したいけど余裕あるかな。

・英語(50%)
仕事で使う機会がめちゃくちゃ増えて困ってるけど、今のところ自分からなにかするってことはしなかった。まずい。

・ゲーム(70%)
箱○アイマス2買いました、けどあんまりやってない泣。ゲームだと雪歩がかわいいのが発見。いや、みんなかわいいんですけど。ゲームの物語ってかなり面白いと思うんだけど、今後の課題。とりあえずアイマス全員クリアするぞ。

・写真(80%)
デジイチ買わなかったな。ニコンからFX新型でないし。そうこうしているうちにミラーレスで十分、っていうかそっちの方が楽しいんじゃないかと思うようになってきた。やっぱフルサイズ機はでかすぎ重すぎ、30万出して買ったはいいけど年に3回しか使いませんでした、では悲しすぎるので考え中。ミラーレス機はAFが遅いのがネックでしたがそれもほぼ解決されて、あとは画角とか被写界深度の感覚だと思うけど、そんなのは妥協と慣れでなんとでもなる気がする。FM2は出番が減少。コンデジS90メインで、年末にスマホを買ったらネットとの連携が便利で早速多用してる。スマホも800万画素、条件によってはけっこうきれいに写る。
アイマスの聖地巡礼でみなとみらいに撮影旅行に行って、各シーンと同じ画を撮ったのは、こんなに面白いことだとは思わなかった。場所とか焦点距離とか、ほんとにピンポイントで作品の視点とあわせないと同じ画は撮れない。それってアニメのカメラと同じ場所に立ってるってことでしょう。作品に入れる。

美術館に写真を見に行く機会はちょっと減っちゃったかも。でも近現代系に行くときは平常展とかで写真があれば必ず見るようにしてた。これが面白かった!っていうのはあんまりなかったけど、報道写真展が印象的だったかな。 今年はもう少し写真見に行きたいのと、ちょっと勉強して、ちゃんと語れるようになりたい。

アニメはいっぱい見た。いっぱい見過ぎて見る時間がないので、消化するのに精一杯で一個一個の作品をちゃんと見るということがあんまり出来なかった。例外的にアイドルマスターは各話3回ずつは必ず見てた。亜美真美回はもう何回見たかわからない。
最近声で判別できる声優が増えてきたのと、監督ごとの作風を気にするようになってきた。何の役に立つかはわからないけどw。
まどか☆マギカ(とタイガー&バニー)に染められた1年だったけど、もう終わった作品の中で個人的に面白かったのは、いうまでもなく筆頭がアイドルマスター。 誰がなんといおうと神作品。女の子をかわいく描くっていうのはこういうことなんだ!とこれでもかと。見ていて幸福感がハンパじゃなかった。何回見てもいい。何話からみてもいいし、ずっと見てたい。後半亜美真美の出番が減っちゃったのが残念だったけど。
あとは、日常の前半の展開はすごい、感動的。ロウきゅーぶ!はいろんな意味で面白かったw、ヒナニー事件もあったし。花咲くいろはとあの花は総合点が高い良作品。あなるかわいい。放浪息子は間違いなく神作品なのだが、なんとまだ見てない。デッドマン・ワンダーランドはワクワクしてみてた時間を返せよ、マジで。最終回にこれほど憤りを感じた作品はない。フラクタルはめちゃくちゃ期待してたので、オーソドックスなストーリー展開で普通に面白かったけどって感じ。最後のほうはヤマカンらしい怪しさが出てきててよかった。次回作にも期待。Cは戸松遥がめちゃくちゃかわいくって、時流にあった面白い作品になった。GOSICK悠木碧がよかった。まどか☆マギカは最終回はなかなかよかったと思うけど、これだけがこんなに世の中の評価を受けているのは納得いかない。もっといい作品はあるし、まどマギはむしろロマンティックな物語への回帰で、最前線って感じはしない。

今年はライブにたくさん行きました。スフィア関係が多かったかな。とにかく楽しい。アイマスのライブで九州遠征もありましたね。オフ会出たりして。トカチゴールドにも行きました。それまでそんなに関心がなかった人でもライブで聴くと途端に好きになったり(新谷良子とか)。観客を観察するのも楽しかった。なにより、音楽に包まれて自由にはしゃげる空間がサイコーに幸せ。

ニコ動ホリックが治らない。

本棚の本、消化できませんでした。でも懸念材料は徐々に減っていて、今年こそは今年こそはともう何年目。新しい本が読めないのがちょっとつらいので早く片付けたい。

演劇。お芝居あんま見てない。戯曲を読む会「たわまが」に継続参加。役者目指してがんばってる友達の話とか聴いてると刺激になる。応援していきたい。そして、読むことのおもしろさをみんなに伝えていけたらいいと思う。細々と。

お金あるぞあるぞと好き放題使っていたらあんまり無くなっちゃった。