豊崎愛生 ファーストコンサートツアー "love your live"

愛生のはじめてはもらったぜっ!
6/4 14:30開演 @中野サンプラザホール


最近の3本の中では最高のライブでした。
スフィアのライブの時に感じたんだけど、やっぱ愛生ちゃんすごいよ。
才能あふれてるよ。


 驚くべきは、最初から最後まで立ち上がることがなかったこと。

 始まる前は登場から最後までみんな総立ちなのかなあ、でもまったり座って聴きたいなあ、と思っていたのだけど、そう思ってたのは自分だけじゃなかったらしい。それともブログとかラジオとかで呼びかけ的なものがあったのか。それとも2ちゃんの愛生スレか。一人だけ(!)最後に立ってる人が見えたけど、もう少し同調する人が出てもおかしくなかったし、最後ぐらいみんなで立ち上がってもよかったと思うけど、それはもう本当に癒されきっていたのです。

 ステージセットが凝っていてよかった。森っぽい雰囲気を何枚も天井からつり下げた大きな緑の布のドレープで表現。中央奥にはまあるいスクリーンで全曲で絵本風のアニメというか絵が映し出される。最初スクリーンだと思わなかったぐらい鮮やかできれい。絵は愛生ちゃんの直筆(アルバムの限定版についてる絵本の絵だ。)。照明もきれい。緑の布に青い光当てたときの深海色が美しかった。そんなステージをちょこちょこ動き回る愛生ちゃんがかわいい。白いフリフリのワンピもお似合いです。背が高いのでステージ映えする。

 マイクがハウったり、ドラムが妙にうるさかったり(ドラムは演奏者も若干ハシり過ぎな感があった。もう少し愛生ちゃんのペースに余裕を持ってついて行って欲しい。)で音響には文句を言いたい。歌声をもっとまっすぐに聴かせて。
 

 曲ごとに少しずつ感想を。

 ふらっとステージに出てきてセットのベンチにすわり、詩の朗読からライブは始まります。朗読からふらっと歌い出す『Hallo Allo』。ミュージカルでセリフからいきなり歌い始めるような、気持ちいいスタート。

 『Magical Circle』の入りを間違えまくる愛生ちゃんw。これがめちゃくちゃかわいい。やばい。これで完全にあいなまワールドに連れて行かれた。

 『カレイドスコープ』は今回のアルバムの中でも一番好きな曲。今回のライブでは、すべての曲の前に小ポエム的な朗読がついたけど、「のぞいてごらん」でピンときて高まって光る棒を振り回す自分。これはもうライブで聴けて本当によかった。最高だった。帰り道iPodで聴くのが物足りなくなってしまう!UO折る気満々だったんですけど、緑一色だったから、、、今考えると折ればよかったかも。他の曲でも見事に緑一色。たまにピンクがいたかな。オレンジは1本だけ(!)見た。

 『Dill』は「わーん、とぅ、わん、とぅ、(パキパキパキ[サイリューム折る音])」に笑ってしまったけど、ドラムうるさすぎだったけど、それでもそれでもよかった。この曲が出たときはもうほんとに自分のために作られたんじゃないかと思ったぐらい。インストを聴くと全力でクラムボンなんだけど、歌が入るとあいなま色がひろがる、これぞコラボっていう良曲。

 『君にありがとう』では、愛生ちゃん泣いちゃって、「がんばって−」みたいな雰囲気。しばらくするとまわりから鼻をすする音があちこちから聞こえてくる。まさかと思い、ちらっと横を見ると、ガチ泣きしている。自分はこの種の感受性は完全に失ってしまった。

 『march』もいい曲です。もわもわっ、っていう音が会場を包む。気持ちいい。この曲は歌詞が面白い。行進marchなんだけど、糸で連なる行進がほつれて消えていく。さらに、たぶん3月marchの春っぽい雰囲気もかかってる。聴けば聴くほど歌詞とかが頭に入ってきて、さらに歌詞を考えると面白い曲が好きです。こういう曲をするめ曲というらしい。

 『KARA-KURI DOLL』はアルバム未収録曲。とっても好きだったのだけどずっと出てこないので、歌わないのかなあとあきらめていたけど、なんとアンコールに持ってきた。にくいにくすぎるあいなま。愛生ちゃんのガチ音楽好き感が出ててとてもよかった。(正直この曲はライブよりもヘッドホンで聴いた方が良いと思ったことは言うまい。言ってるけどw。)愛生ちゃんのCDはタイトル曲は毎回有名アーティストコラボで目立つんだけど、カップリングもいいんですよ。全部いい曲なんです。

 アンコールではほかに、rie-fuの『for you』。放浪息子見とけばよかった!もったいなくて観られない病があだとなる。愛生ちゃん放浪息子にも出てたのね。あと、弾き語りの『hey jude』もあった。すばらしかった。もうね、この声をずっと聴いていたいよ。会場、もはやサイリューム振ることすら忘れている。こんな事が人気声優のライブで可能なのかという、観客が座って黙って静かに聴いているなんて、、、愛生・・・恐ろしい子っ!!ほんとに、すごいと思うんですよこれは。感動した。「水おいしーいっ?」はあったけど、「回ってーっ!!」はなかったなw。衣装替えなかったもんね。

 あとは謎のお絵かきコーナーw、よだれむしの耳が実は耳ではなくアンテナと「養分がたまっているところ」であるという衝撃の事実が明かされる。このあとフォトブック発売といってもかすむw。ハーモニカ練習中です。

 最後は2回目の『春風 SHUN PU』でみんなで大合唱。


隣は新潟から来たという男の子で、ちょっとお話した。
遠くから来てる人も今日はバッチリ大満足だったでしょう。
夏の戸松(これもめちゃくちゃ楽しみなんです!!)は、
今回とは正反対の汗だく熱狂ライブに違いないので、スフィアはやっぱやめらんねーなw。

 2時間ちょい一気にすすんだけど、あっという間という感じもせず、かといって飽きることも全然ない(ほんとにずっと聴いていたい。)、絶妙な満足感に包まれる、幸福感。ほんとにいいライブでした。こんなものが観られる聴けるとは思ってなかった。


 豊崎愛生の次のライブも絶対いきたいと思います。