読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わらない物語を終わらせて欲しかった。 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編/叛逆の物語



深刻なネタバレ注意。
今回の話はストーリーを知ってから見ると相当初見時の印象に影響するので、作品を見てからこういう感想とか読んだ方がいいと思います。

 まず、今回で終わらなかったのは、プロデューサーの勝利に違いないが、クリエイターにとっては敗北だったんじゃないかと思う。これでまどか☆マギカは普通の面白い作品になってしまうんじゃないか。というより、自分はこれまでのまどマギの扱いは異常だったと思っていて、すごくいい作品だけど、ちょっともてはやされ方がおかしいと感じていたので、普通の作品になってくれると良いと思っている。悠木碧のキャリアに箔がついたことは喜ばしいけれども。そんな読後感。

 最高のシーンはなんといってもまどかがほむらを抱きしめながら三つ編みを編むシーン。震えた。あれは映画館で見るのが辛いシーンだ。部屋でひとりで見るべきシーンだ、声にならない声で叫びながら。悠木碧の声はこんなに美しかったか。まどか☆マギカ悠木碧の使い方はあまり好きではなかったんだけど、完敗ですよ。まどかが出て来る度にたまらない気分になった。

 途中まで、ほむらが魔女で世界をねつ造していることがわかる辺りまで、はうっすらではあるけど予期しながら見ていた。普段あんまり話の先を見通してみてることがないので、めずらしい感覚だった。そしてその辺りまでは自分がこれまでみた最高の作品になるんじゃないかと非常に興奮していた。学校や町という小さな世界の中だけで生きる幸せ、そんなものは嘘なんだ、ソウルジェムの濁りでしかないのだ、世界は、宇宙はもっと広く、喜びも悲しみもあるけれど、それでも関わって生きていかなくてはいけないのだという物語にはとても高揚感を覚えた。そして、絵の表現の多様性と想像力豊かな演出から生み出される確固たる個性がそれを支えている。例えば、セーラームーンっぽい変身シーンはどこか滑稽で、彼女達のねつ造された日常の嘘くささを良く表現している。こういう演出がとても光っていた。それに、今回はとにかく絵が良く動いて、見ていて飽きなかった。

 ほむらがヤンデレヒロイン化していく終盤、これは今回で完結しないということになってから作られた物語なんじゃないかと下世話な想像をしてしまう。一方で、虚淵玄はすごいエンターテイナーなんだなあ、と改めて感じた。彼はそのときの制作上のいろんな要求に応じて物語をフレキシブルに展開できる、とても筆力のある作家なんだと思う。理詰めの、必然性に裏打ちされた物語を常に打ち出していける、これはすごいことだ。。。でも自分は好きじゃない。アリストテレスは大絶賛しただろうけど、今は21世紀だ。彼の方法は、ほむほむみたいに狭い世界に物語を閉じる、そんな物語の/世界の作り方だ。彼の物語はペシミスティックに見えるけれど、「世界は理にかなっている」という救いが常に物語の根幹に用意されている。杏子とさやかは結ばれないけれども、円環の理でつながっている。だけど、私たちが生きる世界は全然理にかなってなんかいない。救いが担保された悲劇は悲劇じゃないし、ウェルメイドプレイはつまらない。映像だけでなく、kalafinaの音楽も素晴らしいし、ひとつひとつの仕事がとてもクオリティーが高い。それらがとても高いエンターテインメントを生んでいることは否定しない。だからこれは好みの問題だとも言えるけれど、物語の構造が全部こうだと批判的に見ざるを得ない。

 あとやっぱり今回できれいに終わって欲しかった。本当に神作品になる可能性があったと思う。

 完全にほむらちゃんの物語になってて、まどかがあんまり出てこないので不満だった。今回なぜかさやか大活躍だったしね、なぜか。
 来場者特典はまどほむが当たって嬉しかった。見るの1回で済んだ。

 等々。いい劇場アニメがこれから続きます。楽しみです。