読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

武蔵野美術大学芸術祭2013 スーパーコズミック超無重力ミュージカル エンジェル!

感想 写真 演劇


10/27 @武蔵野美術大学

 ミュージカルって作れるんだあ!って少し感動した。
 ストーリー展開はしっちゃかめっちゃかだったけど、歌がほとんどオリジナルなのはすごいと思った。ちゃんとミュージカルのポイントをおさえた歌の構成になっていたし。ダンスもけっこうちゃんとしてて、役者も多く、賑やかでとても楽しかった。
 ラストシーンでハッピーエンドを覆すような、皮肉に満ちたメタな終わり方をするんだけど、若者はどうしてああいうことをしたがるんだろうか。自分もお芝居をやるときはけっこうおもしろがってやってた気がするけど、不思議だなあ。少なくともミュージカルにはそぐわないと思うんだけど。
 若さが爆発してたね。男性役者が妙にイケメンだったのも印象的。声が散ってしまう広いホールを使っていたこともあって、マイクを使ってなかったのがちょっともったいない感じがした。
 やっぱ美大には才能と表現への欲望が集まっているらしい。これからもがんばって欲しい。