読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京国立近代美術館 フランシス・ベーコン展

 正直全く予備知識がなかったんだけど、なんとなく流行ってるぽかったからね。

 写真のブレのような顔面の描写と象徴的に用いられるオリのような格子。

 美術家の人にファンが多いように思うんだけど、見たところその理由は、、、

・絵がうまい
・表現が多彩
・ミステリアスなモチーフ 
・でも、ひとつひとつの表現の文脈がはっきりしている

とはいえ、20世紀の画家としてみるとそこまで面白いかなあ、という感じだった、正直。ピカソのほうがいいじゃん、的な話が一緒に行った友だちからも出てた。