読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京国立近代美術館『パウル・クレー おわらないアトリエ』

 またバウハウスか、と。でもね、好きなんです。

 作品の制作過程に焦点を当てた展示スタイル。なんだけど、キャンバスの裏と表に作品が描いてあって、ね、面白いんでしょう?じゃちょっとよく判らない。クレーは裏と表を意識して使っていたのか、裏紙を使っただけなのか、それともその偶然に作品性を見いだすのか。1枚の絵を2つ3つに切断して作品にしたクレーは最初から切るつもりで描いたのか、どういうつもりでキュレーターがこういう展示にしたのか。図録の解説を読んでみたくて買いました。

 時間ぎりぎりで入って、ほとんど時間なかったので常設展に急ぎ足で入ったら正解だった。クレーの作品も何枚もあったのと、なにより、ヨハネス・イッテンの版画が特集されてた。バウハウスの演劇の先生でハイパーリスペクトしてやまない。いわゆるムーブマンなんだけど、超躍動的でかっこいい。ほしい。

 やっぱいいわあ。