東京モーターショー



前回行ったのはブガッティヴェイロンの発表の時だった気がするので相当前です。

今回は会社でチケットもらったので、コミケでしか行かないビックサイトに行ってきました。会場も幕張から小さくなって出展企業も減ってちょっと寂しい感じ。
会場面積の半分まではいかなくても1/3以上はトヨタ系列なんじゃないか、ちょっと不安を感じる。

車はというと、軽とかちっちゃいエコカーばっかり。
エコ+なにか、のなにかを各社提案してきてる感じ。スポーツだったり、居住性、収納力などなど。
ルノーのオープンカーがかわいくて良かった。あれはほしい。
海外勢ではアウディのブースがでかくて、ザハ・ハディドっぽいコンテンポラリーな会場デザインが光ってた。車は目新しいものは出てなかったけど。
BMW+MINIも結構がんばってて、コンセプトカーとしてはBMWのが今回一番良かったんじゃないかな。
BMWのお姉さんの衣装がステキだった。

最近ヨーロッパのメーカーのデザインけっこう危うくなってきていると思うんだけど、
アウディはひと時代築いただけあってまだバランスを保ってる。
一方、最近の日本のデザインは頑張ってると思います。特に日産の最近のデザインはハイクオリティだと思う。日産はショーのお姉さんも一番きれいだったw。

ハイブリッド技術はトヨタに並ぶ物はいないということで勝負がついた感があって、あまりにほかが追いついてこないので、日本お得意のガラパゴス化する恐れがあるんじゃないかと心配。グローバルスタンダードを作るのが日本メーカーはどうも苦手で、トヨタですらうまく立ち回れてないのは残念。思い切って技術仕様を公開してみたらどうか。中国かインドから1/10の価格で同じ物が出てくるだろうけど。メリットないかな。
震災後の新しい日本、Re BORNっていうことだと思うんだけど、それでドラえもんなのはトヨタらしく保守的。ドラえもんは22世紀じゃなくて昭和。CMは企業広告の割に「免許を取ろう」とかメッセージがダイレクトで面白いけど。

モーターショーで一番萌えるのはエンジンのカットモデルです。今回は日野がばかでっかいやつをいくつも展示してて楽しかった。

車は面白いです。