読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国立近代美術館 生誕100年 ジャクソン・ポロック展

ポロックはカオスではないということを学んだ。

シュルレアリスムとか、ピカソとか、ネイティブアメリカンの芸術とか、いろんなものに影響を受けて、行き着いた先があの絵だっていうのは、生きてて辛い感じがする。
アクション・ペインティング。ポロックが描く様子のビデオが見られる。それはとても淡々としていて、あんまりパフォーマティブではない感じ。ポロックの作品はパフォーミングアートではないし、プロセスの芸術ではない。
オールオーヴァー。かたちを表さない絵ではあるけれど、それは何らかの調和を目指しているもので、完成しているし、向きも決まっている。たぶん。そうじゃないっていう解説もあったけど。描き終えてから向きを決める作品もあったとか。でも、描いてる映像を見ると、カンバスを地面において描いていても最初から天地を意識しているように見えた。あと、枠を意識している作品も多い。切り取られた枠の中で最適な構成を求めているように感じた。
自分はモンドリアンとかマレーヴィチとかの絵(?)が大好きなんですけど、今まであんまり思ったことなかったけど、似てるのかなと。ポロックはもっとパフォーマンスよりなんだと思ってた。アクションペインティングという言葉に惑わされてた。

部屋にまたポスターが増えた。

通常展では、版画の企画展示がステキだった。青がきれいで。作家の名前は忘れた。あと、昭和の東京の写真。作家の名前は忘れた。