読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国立西洋美術館『アルブレヒト・デューラー版画・素描展』

こっちも全然期待してなかったんだけど、楽しめた。

高さ何メートルもある作品(版画を何十枚もつないでいる)があって、
とってもスペクタクルだった。
そこには詩句とか、文章とかがいっぱい書き込まれてたんですけど、
そこの"s"の表記が面白くて、これはちょっと文字だけで伝えるのはつらいんだけど。

それはすごくおっきかったんだけど、
他の作品はみんなちっちゃくて、前の方でみないとつらいんだけど、
そこそこ混んでたので、みるのにすごく時間がかかった。
時代がすごい時代なんだよね。いろんなところでいろんな事が起こってて、
そのただ中で、模索してやってる感じがかっこいいよ。
『1500年の自画像』、かっこいいよ。

大学の「表象友達」といっしょに行って勉強させてもらいました。