読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国立新美術館『マン・レイ展』

日本に帰って来て、まず行かなきゃいけないと思っていたのがこれ。
写真の大きな展覧会は珍しいし、マン・レイは嫌いじゃない。
おかげで買い物しすぎてしまった。ポスター部屋に貼らなきゃ。

若干疲れてたのかあんまり集中できなくて、印象が薄い。
今思い出しながら書いているけど、ぐっと来た作品があまりなかった。

画家をずっと志していたという彼が写真を始めたのは生計を立てるため。
今回は彼のドローイングもたくさん展示されてます。
グッと、こない。

今回は今まであまり知られていなかったという彼のカラー写真が展示されています。
自分で発色を良くするための方法まで考えたというカラー写真の色は、
確かに少しけばけばしい感じはあるもののとてもきれい。
『黒と白』のプリントをみて、そのあとのカラー、なかなか面白いと思ったし、
マン・レイのカラー写真、興味あったけど、
でも、、、グッとこない。

映像作品も複数あります。
いかにも自分好みの表現主義的な作品で、
身体への関心も、、、



グッとこない。

そもそも、シュルレアリストとしての彼はどこに行ったのか。
ソラリゼーションは、ほとんどないし、

自分の頭も心も枯れてきているのか、、、
なんか最近、そんな気がするんです。