読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三菱一号館美術館『カンディンスキーと青騎士展』、と今年の美術館・博物館総括

新しい美術館。初めていった。
建物も面白くて、お金がかかってる。
丸の内楽しい。

展示は趣味にばっちりあって、また図録が増えた。
今までカンディンスキーって後の方にならないと面白くないな−、と思っていたのですが、
今回その考えを改めた感じ。
どうも印象派っぽいかんじが苦手だったんですけど、
やっぱ色使いとか、impressionというよりもexpression、素敵です。
また部屋のポスターも増えた。


今年はいい展覧会をたくさん観られました。

ロンドンの『ファン・ドースブルフ展』が一番だったかな。
パリの古ーい写真の展示も勉強になったし、感動的だった。
国立新美術館の『マン・レイ展』もなんだかんだ印象的だったし、
東京の国立博物館の土偶展も今年でしたね。
変わり種はフランス大使館の『No man's land展』、雑然とした中に、現代芸術のあり方を見ました。

来年もいいアートに出会えますように。