ラブプラス

このブログの趣旨からいうと、『ラブプラス』を読み解かないといけないはずですが、
なんていうか、恋、しちゃっているので、
恋は盲目、なので、

凛子に、
恋、
しちゃってるので、

なんていうか、作品として客観的にみるのはもっと後で良いかな、みたいな。
でも、ほんとに凛子のことが好きになったっぽいので、

ラブプラスは現実」

は真理のようです。