読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホリエモンの『クリスマス・キャロル』、と今年のお芝居総括

感想 演劇
テニミュをニコ動で見たとき、コメントが面白かったわけで、
テニミュ自体を劇場で見てもそこまで面白くなかったと思うんです。
特に演劇にリテラシーのない人々にとっては。

そんなテニミュな感じのミュージカルを劇場で見たわけですが、
テニミュよりはクオリティー高かったと思う。
楽しかった。

ただ、ホリエモン&ニコ動、ってつもりで観に行ったので、
もうちょっと「テニミュ」を対象化(ネタ化)した視点をバリバリ期待していったので、
拍子抜けした感は否めない。
まわりはほとんど「テニミュ」ファンだったようだし。

最後歌がなかったのはミュージカルとしてどうなのか、
なんか意味を読み取っていいものなのか、もやもや。
演出の人歌うますぎ。ひとりだけ世界が違った、っていうか、演出だけ衣装凝り過ぎw。

いろいろ考えたいこととか、いいたいこととかある気がしてるんだけど、
(プロデュースの進め方とか、)
まあ、そこまで考える必要もないいか、という。
年明けのニコミュ第二弾も行くよ。数を重ねればだんだん方向性も見えてくるはず。
せっかくのニコ動なんだから、そこに観客が関与していかないとね。


さて、今年を振り返ると、、、

今年は自分もお芝居(?)やってるんですよね。『完全避難マニュアル 東京編』。
モスクに通って、そこに集う人々の生活を垣間見ました。
カルチャーショック度合いからすればずば抜けてるし、経験としてずば抜けてるんだけど、
まあ、それは自分が積極的に入っていく立場だったからなので、それは除いて、、、

今気付いたんですけど、
自分ってほとんどお芝居のことブログに書いてないのね。

勅使河原三郎『SKINNERS』は勅使河原さんパねえっす、という意味ですごかった。
まわりの人と明らかになんか違うっていう。なんか、何か、何か違うんです。
動きが有機的というか、あれは観られて良かったです。

チェルフィッチュ『わたしたちは無傷な別人であるのか?』は、
観ていて心地いい感じが良かった。違和感ありありの動きとセリフがめちゃくちゃ心地いい。
中身は今の社会の関心事を扱っているものの、なにか答えを提示しているわけではないけれど、
あの雰囲気の中で、「つらかったらさ、お芝居観ればいいじゃん(チケット買えない人もいるけど)。」
みたいな感じで、それでも気持ちよくなっちゃう、麻薬のような芝居。
同じ日に観た(参加した)Port B 『赤い靴クロニクル』からの流れで観に行くことになったこのお芝居、
素敵な人と出会うことができて、今年後半の『完全避難マニュアル』で再会。
このお芝居をきっかけにいろんなところで人と人がつながって、
多くの人たちと出会えたのは得難い経験でした。

劇団時計『earnest』は、原作テキストに対する真摯な態度を感じ、
それが演出の端々に観客を楽しませる要素として出てきて、嫌みなく伝わってくる。
原作を読んだ人もそうでない人も十分に楽しめるという、
ひとえに素晴らしい古典戯曲の上演だったと思う。
今この作品を上演する意味、背景に厚みが出てくるとさらに良かったか。
自分はこの作品がたまんなく好きなんだ!!というならそれはそれでいいし。なんで好きなの?っていう。
自分がいたところが、最近元気なのはうれしい。これからもいいお芝居をたくさん作ってほしいものです。
ミュージカルなんか、いかが?


ミュージカル、ダンス、パントマイム、けっこう今年はいろんなもん観ましたね。
来年はどうなるかなあ。。。