ニコニコ超会議&超パーティー 〜アイマス編〜


第一の目的は765プロ&ライブだったわけですが、いろんなところにアイマスはちりばめられていて、アイマスのコスプレしている人もけっこういて、うれしくなった。特にこの写真のペーパークラフト、みとれてしばらく動けなかったw。歌姫爆宴の時に亜美はいたよね。

765プロの再現度はなかなかのもの、でも、ホワイトボードがなかったのはちょっと残念だな。みんなに落書きさせたりすればよかったのに。赤羽根Pの席で記念撮影、すごい、ちょっと感動。


見える、見えるぞ、的な写真達を。

手前の段ボールとか。張り紙の小鳥さんの字が汚いwとか、りっちゃんがしっかりした字を書くとか、芸が細かい。列の中で、あずささんがプリンを食べたのはこの辺かなとか考えながら。すでに入る前から楽しい。

ちょっと空を飛んでる気分でしょうか。次回は是非たるき亭から再現して欲しいw。

りっちゃん自己紹介アングル。 亜美真美の手が伸びてきそう。

美希が寝てたソファ。亜美真美が探偵するソファ。亜美真美回のここのシーンのアングルとかすごい好きです。

こっちは反対側、歯が痛い小鳥さんとPが事情聴取されるソファ。やよいといおりんが自己紹介するソファ。

みんなで竜宮小町をみてたソファ。このシーンのみんなの目がキラキラしてるのがすごくいい。

アケマスの筐体があったんだけど、数人しか並んでないのに列が全く進まなくて結局あきらめちゃった。アケマスってやったことないんだよね、恥ずかしながら。


それ以外に、ニコ動のタグの相関性の研究があって、これがアイマスを例にとっていて面白かった。(Kiyonobu Itoさんによるもの。@kynbit)

2枚目が亜美真美の関係のところ。他のアイドルのところと比べるとよくわかるんだけど、見事に中心がない形をしている。双数になってる。みながらニヤニヤしてた。双子研究は継続中です。
ニコ動公式でコンテンツツリーっていうのがあって、作品に親子関係を付けていくことで相関関係を可視化していこうっていうサービスなんだけど、この図を見れば明らかなように、親は存在しない。あらゆるコンテンツやキャラクターや制作者が、入り乱れて相互に影響し合う、その引力でニコ動は出来てる。ツリーモデルはニコ動に合わないというのが持論なんだけど、それが補強された。

そして肝心のライブです。
まず、ある程度は想定していたことながら、アイマス民少ない!!!まわりにほとんどいなかった。だからがんばっちゃったよ。アイマスがアウェーな雰囲気になることだけは許してはいけないと思っていた。

まわりがみんなアイマスファンなら、まわりに合わせてってことが出来るんだけど、完全に自主性を試されていたwので、アリーナ中程からあさぽんに声を届けるべくがんばった。
中村繪里子下田麻美平田宏美仁後真耶子
とかち大盛りバージョンとかにくいことしてくれるじゃないの、とか考えてる余裕もなく、あんまりあさぽんの声聞こえなかったな。もうふらふらです。

Ready!!・エージェント夜を往く・I Want・キラメリキラリ のメドレーから、
てってってーを使った自己紹介(あさぽん「とかちだよーっ!」)をはさんで、
恋をはじめよう・Relations・乙女よ大志を抱け・自転車・Do-Dai・自分Restart
まで一気に。疾走感がはんぱない。
ファンとしてはもっと長く歌って欲しかったけど、ライブ全体からするといいバランスだったんじゃないかな。他のプロのアーティストはけっこう歌ってみた・踊ってみたの人達と一緒に出たりしてたんだけど、アイマスは4人だけで出てきたこともあって、ニコマスというよりはアイマスだった。有名P動画作品とのコラボとか、蝉丸Pはこっちに出るべきだったんじゃないかとかw。いろいろ出来ると思うんだけどなあ。ARライブとか。次回はそるPとの夢のコラボをお願いします。

世界に入っていける感じ。楽しかった。アイマスはやっぱり最高だ。