サンズイ×トルタ「飛ばない本」

@京橋ルクスギャラリー

26時間連続でなんかやるっていう、日テレリスペクト企画。現代詩界隈の人々が主催だけど、映画とかもやってた。京橋って、ちっぽけなギャラリーが無数にあるけど、あんな日本一地価が高そうなところでああいうところが数多くやっていけてるのは、どういう仕組みなんだろう。

「たわまが」朗読イベントのために行ったんだけど、その前の映画の上映も半分ぐらい見た。震災がテーマのやつとか。今一番ものを考えてる人と一番ものを考えていない人がこぞってテーマにする震災/原発、テーマにすること自体がセンセーショナルな時は終わって、なにか政治的な主張をしないと面白くない。福島で生きてる子供達がいるよ!とお知らせしてくれるだけではダメで、その子供達をどうするべきなのかを言わないと。

たわまがでは久しぶりに熱く演劇にコミットしている人といっしょに出来て、話を聞けて面白かった。もう少し話してみたかった。そのあとの自動で詩を作るプログラムも詩人が何を詩だと思うのかを垣間見られて面白かった。