それでも私たちは信じている、言葉のチカラを

ネットで平和に過ごしたいなら、「アサヒ」は禁句ですが、
うちは生まれてこの方ずっと朝日新聞です。

実は就活のとき大手の新聞社をぐるりと回ったりしたのですが、
朝日の記者が一番かっこよかったなあ。

インターネット上で叩かれている一つ一つの事柄について、
僕は真偽を判断する能力を持ちませんが、
総じていうと、
それらの批判は「マスコミ性」のようなものを、
攻撃したいのではないかと考えています。

国体なんかよりも、真の敵はマスコミだと、
見抜いているのか、決めつけているのか、

そして、その代表(やり玉)が、「アサヒ」なのではないか。

ネトウヨ」みたいな現象と併せて考える必要もあるでしょうが、
あまり、しっかりとした思想的な基盤があるようには感じないので、
(うわー、炎上してもシラネ)
これらも理解するためにはもう少し別の視点を必要とするのかも。


で、そんなことは別によくて、、、うちはずっとアサヒなんです、で、
天声人語っておもしろいです。
ときどき日経とか、読売とかも見ますが、
同様の小欄と比較してもうまいと思う。

しかし、夕刊の一面コラムに「素粒子」というやつがありますが、
たしか鳩山(弟)が法務大臣だった頃に
死に神呼ばわりして問題になったのがこの欄だったと思うんですが、
この問題よりも何年も前かな、書く人が変わったときがあって、
それまで、なかなか機知に富んでて、面白く読んでたんですが、
それ以来レベルががくっと落ちた。気がします。

だから、せめて、このブログ、
素粒子」越えしたいです。
毎日書けてない時点で負けかもしれないけど。