美術館

東京オペラシティ アートギャラリー『ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー』

19時過ぎていったら半額500円だった。 子供がかわいい。写真は全部アクリルに貼られてる、だからね、何度もいってるけど、写真にアクリル貼るのは好きじゃないんですよ。子供かわいい。ラフに製本された過去のグラビアとかの作品を収めたアルバム的なものを…

東京国立近代美術館『パウル・クレー おわらないアトリエ』

またバウハウスか、と。でもね、好きなんです。 作品の制作過程に焦点を当てた展示スタイル。なんだけど、キャンバスの裏と表に作品が描いてあって、ね、面白いんでしょう?じゃちょっとよく判らない。クレーは裏と表を意識して使っていたのか、裏紙を使った…

東京都写真美術館 『世界報道写真展2011』ほか

『世界報道写真展2011』 去年〜今年は世界中でものすごい天災が相次いで、その都度記憶から去っていったものを再確認。ニュースになっていて知っていたものも知らなかったのか、聞き流していたものもあるけれど、こんな事が起きてるんですよ!!という強烈な訴…

アート★アイガ にしはらあずさ “AZSチャンネル”

ブリヂストン美術館から歩いてすぐのところのちっちゃなギャラリー。実はこっちがメインの目的だったりする。 先日行った美大合同の卒業制作展で、一目惚れしたにしはらあずささん。個展があるということで行ってみました。 こういう、plasticな少女はツボで…

アンフォルメルとは何か? —20世紀フランス絵画の挑戦

ブリヂストン美術館初めて行きました。そんなに大きくはないけど、きれいで収蔵品もバラエティーに富んでそうでよさげな美術館です。さすが総理大臣出しちゃうようなところは違います。 今までノーチェックだった世代のアート。表現主義のあと、ポップアート…

国立新美術館『アーティストファイル2011』

表参道からふらふらと歩いてたどり着いた。お散歩がきもちいい季節。 入るといきなりスペクタクルなF1の絵がひろがっているので、今回もキャッチーですね、とニヤニヤしながら思う。同じ人が『モンタギュー家とキャピュレット家』なんて絵も描いているので面…

手前になんかある。神奈川県立近代美術館『モホイ=ナジ/イン・モーション』

ゴールデンウィークに少しでも休日っぽいことを、と言うわけで、葉山まで小旅行。天気もよくて、とても気持ちよかった。 西アジア的な名前かと思っていたら、ハンガリーの人でした。他のバウハウスの先生の作品と比べると、絵も写真も暖かみがある感じ。でも…

神戸市立博物館『大英博物館 古代ギリシャ展』

行ってきました、神戸まで。神戸の街はとってもきれい。東京でいうと丸の内みたいな感じのところに市立博物館はありました。大英博物館の世界巡回企画。夏には上野にも来る予定ですが、原発事故で来なくなったりするんじゃないかと、衝動的に神戸まで。(ち…

国立新美術館『シュルレアリスム展』

そんなにド級の作品は来てないけれど、地味にすごい作品がいっぱい。ポンピドゥーいったなあ、とか思い出しながら、大学時代の先輩とデートだったのよん。ケンタウロストルソカーニヴァル頭フル回転で作品と向き合わないといけないので、疲れる。ひとりで来…

新宿写真ギャラリー巡り

といっても結局2カ所しか回らなかったんだけど。レンズメーカー勤めのプロに案内されて、ニコンサロンとエプソンギャラリーに。『2010 日本カメラフォトコンテスト展』全国高等学校文化連盟『日韓/日中高校生 写真交流の集い写真展』小久保 雅弘 写真展『LI…

国立近代美術館 工芸館 『現代の人形展』

めちゃくちゃ面白かった。所蔵品展なので、写真も撮らせてくれたし。日本人形や、球体関節人形から、現代美術的な彫刻まで、幅広く展示。近代美術館の工芸館は初めていったけど、こじんまりしてて、いい感じだった。入館料200円もびっくりしたw。

電動夏子安置システム【コイツらありき。】

1/29 16:00〜渋谷 Gallery le DECO 5階 下でお芝居に関心なくなったとかいっておいて、早速お芝居みてきたわけで、ツンデレかよっ!ってかんじですが、ひょんな事から以前耳にしていた劇団だったので、見に行ってきました。 今回は劇団の10周年公演らしいの…

国立西洋美術館『アルブレヒト・デューラー版画・素描展』

こっちも全然期待してなかったんだけど、楽しめた。高さ何メートルもある作品(版画を何十枚もつないでいる)があって、とってもスペクタクルだった。そこには詩句とか、文章とかがいっぱい書き込まれてたんですけど、そこの"s"の表記が面白くて、これはちょ…

三菱一号館美術館『カンディンスキーと青騎士展』、と今年の美術館・博物館総括

新しい美術館。初めていった。建物も面白くて、お金がかかってる。丸の内楽しい。展示は趣味にばっちりあって、また図録が増えた。今までカンディンスキーって後の方にならないと面白くないな−、と思っていたのですが、今回その考えを改めた感じ。どうも印象…

東京都写真美術館 『二十世紀肖像』ほか

『二十世紀肖像』『ラヴズ・ボディー生と性を巡る表現』とりあえず行ったって事だけ。

国立新美術館『マン・レイ展』

日本に帰って来て、まず行かなきゃいけないと思っていたのがこれ。写真の大きな展覧会は珍しいし、マン・レイは嫌いじゃない。おかげで買い物しすぎてしまった。ポスター部屋に貼らなきゃ。若干疲れてたのかあんまり集中できなくて、印象が薄い。今思い出し…

henry ford museum

自動車の街デトロイトへとやってきました。とはいえ最近この街はめっきり元気がなくなって、市街地は治安が悪化しているらしいです。アメリカで3番目に大きいというデトロイト美術館に行きたかったのですが、そんな事情で、行かせてもらえず(今回はお仕事で…

東京芸術大学付属美術館『シャガール ロシア・アヴァンギャルドとの出会い~交錯する夢と前衛~』

シャガールとロシア・アヴァンギャルドの代表的作家の影響関係をみる展覧会。『イカロスの墜落』がとてもよかったかな。でも、この間フランスで見た気も、、、カンディンスキーはもっと抽象っぽくなってからの作品の方が好き。映画をやってて、それが1時間ぐ…

東京都写真美術館 『世界報道写真展2010』ほか

(世間の)夏休み中、アメリカにいくことになって、日本における夏休みイベントというやつにことごとく参加できない。(夏コミにいけないっ!ラブプラス全盛の夏コミに!!)これは実際悲痛な叫び。なので今のうちに行けるものは行っておこうということで、美術…

東京都現代美術館『フセイン・チャラヤン』

予備知識無しで友達と行ってきました。美術館に友達といったのは1年ぶりぐらい、楽しかった。ファッションデザイナー、です、たぶん、一応。ホントに全く知らなかったので。ファッションって大いに興味あるんですけど、難しい。トルコ系キプロス人という肩…

『ロトチェンコ+ステパーノワ展 -ロシア構成主義のまなざし』

ちょっとあわただしくて記録のみ。庭園美術館はじめていった。ゴールデンウィーク。やっぱりとってもいい、ロシアアヴァンギャルド。けど、ロンドンの感動が記憶に新しくて、、、『ガチムチ考』は鋭意進行中。ちょっと暗礁。

奈良国立博物館『大遣唐使展』

sento-kun, originally uploaded by tamacko.美術館ネタが続きますが。奈良に行ってきたんです。奈良は今、街をあげて『平城遷都1300年祭』の最中です。すっかり忘れていましたが、「せんとくん」はこのためのキャラクターだったんですよね。街のあちこ…

京都国立博物館『長谷川等伯展』

和物です。未だに日本美術のリテラシーが皆無なのですが、興味はあります。あれでしょ、狩野派とか若沖とか若沖とか、若沖とか、、、等伯は狩野永徳のライバルだったらしい。なんだかすごい。千利休像、教科書で見たやつ。国宝いっぱい。あれだけ痛んで欠損…

東京都写真美術館

久々に行った。もう学割使えないのね。『森村泰昌展・なにものかへのレクイエム− 戦場の頂上の芸術−』 「顔」ですよね。"Who are you?" への回答が顔なんだけど、そこを攪乱してくるという。メッセージがとっても安っぽいのは何でだろう。『溶ける写真』かあ…

鉄道博物館

大宮に用事があったついでに、鉄道博物館に行ってきました。楽しかった!電車が特に大好きというわけでも無いので、特急なんとかとか、クハなんとか系とかが展示してあっても、マニア的な反応は出来ないのですが、電車を下から見られたり、他にも心躍るメカ…

『No man's land展』@旧フランス大使館

フランス大使館が移転したので、空っぽになった旧館を取り壊し前にアーティストに貸して、好き放題破壊、落書きさせてみようみたいな企画。タイトルからもわかるとおり廃墟ブーム(はもう過ぎたのかな?)の影響を受けて、関係性を喪失した場所という意識を…

『国宝 土偶展』

土偶ゥゥゥゥサイコオオオオオオッッッッッ!!土偶はロマンですよね。一番古いものは紀元前7000年、今から9000年前の人間が作った、触ったもの。ハート形、山形、遮光器形。プロポーションが神懸かり的な造形だったり。優れた古代美術に触れると、…

東京都現代美術館

『レベッカ・ホルン展』ドイツの現代美術家です。逆さにぶら下がったピアノがデローン、と。簡単な機械でいろいろ動くようになってて、細い棒が水面をかき混ぜるとか。このロボットが、「神かなあ。」とか考えながら見てたら、レベッカ・ホルンさんは身体表…

『木村伊兵衛とアンリ・カルティエ・ブレッソンー東洋と西洋のまなざし』

ブレッソンが死んでもう5年もたつようですが、大回顧展!みたいなのを待っていたらこんなのをやってました。東京都写真美術館、恵比寿ガーデンプレイスです。2人の作品(だけ)が、最初木村伊兵衛、後ブレッソン、でずらっと並んでいる(だけ)。作品点数…

古代ローマ帝国の遺産展

に行きました。豪華な展覧会。骨壺がすごい。すごかった。美しく水色に透明なガラスの骨壺の中に、2000年前の故人の骨が、入ってる!!ガラスが割れてないこと、封が壊れてないこと、中がきれいに透き通って見えること、いろんな奇跡が重なって自分の目の前…