美術館

ツタンカーメン展@上野の森美術館

どんなに素晴らしい展覧会でも、チケット3000円は反則だと思うんだよな。小学生でも1700円。親だってびっくりしちゃうし、子供だけでこれないでしょ。せめて学生までだけでも平均的な価格にするべきなんだよな。美術館が金儲けしようとするのは悪い子とじゃ…

日展 @国立新美術館

圧倒的な物量で見るのに半日かかってしまうけど、何となく雰囲気が好きで公募展は時々見に来る。大抵洋画よりも日本画の方が表現が多様で面白い。 彫刻が好き。あの乱立してる空間はとても贅沢だと思う。ツインテ探しをしながら回ってた。岡本和弘という人の…

篠山紀信展 写真力

@東京オペラシティ アートギャラリージョンとヨーコの写真あった!?大きい写真がドーン!ドーン!って感じ。なのでさくっと見られてしまったけど、見応えはあった。 マラホフのヌードが素晴らしい。あんな男に抱かれたい。筋肉質なのに、しなやかで柔らかい…

国立新美術館開館5周年 リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝 と アラブ・エクスプレス展:アラブ美術の今を知る

国立新美術館開館5周年 リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝 すごく見応えがあった。 ルネサンス以降近代までの西洋美術の年表のような、手厚いとても贅沢な展示。絵画だけでなく、工芸品も多数展示があって、アンティーク家具とかあまり見る機会がない…

人・形展 @丸善 丸の内本店ギャラリー

この2年、人形をテーマにやってきたわけなんですが、のほほんとしているうちに今年も終わりが近づいてきました。当初の目標は大きなお人形を買うというもの。部屋には置き場に困るぐらいにはフィギュアや海外からのお土産の人形とかがたまって、展覧会なども…

東京都現代美術館 ファッションの未来性 ほか

Future Beauty 日本ファッションの未来性いい服を着るなら、いい布を纏いたい。そう思ってしまう自分は80年代の流行にも追いついていないユニクラーですよ。ファッションにはずっと興味を持ってるんですけど、 いっこうに自分の服に表れない。大学入ったぐ…

東京都写真美術館 世界報道写真展ほか

今回初めてここで映画を見た。『ピーターラビットと仲間たち ザ・バレエ』 原題 "Tales of Beatrix potter"原題書いたのはあまりに邦題がやっつけだから。イギリス ロイヤルバレエ団がとてもできのいいマスクというかかぶり物をかぶって踊るバレエ映画。セリ…

東京都写真美術館 ドアノー展ほか

『生誕100年記念写真展 ロベール・ドアノー』ついったに生々しい感想書いたのよね。ドアノーのスナップは実はかなり演出されてて、例のカフェの前で華麗にキスするカップルもモデルだったらしいけど、その辺の説明はなかった。逆にヴォーグ の専属がストレス…

DIC川村記念美術館 抽象と形態 何処までも顕れないもの

なぜ土偶?と思った方は最後まで。 取引先のDICの人に勧められて、展示も好みそうだったのでずっと行きたかったのだけど、なかなか不便なところで、ようやくいけました。劇団の先輩とアイマスガンガンかけながらのドライブデートでしたw。天気が悪くって残念…

国立国際美術館 草間彌生 永遠の永遠の永遠

行ってきましたよ、大阪まで。別に草間彌生が見たくて行ったわけじゃないんですけど。 草間彌生が歌うっていうので、普段は借りない音声ガイドを借りたりして。意外とよかった。小さい頃に描いた自画像にすでに水玉が、とか。「この人ホントに病気なんだあ」…

奈良 飛鳥の古墳めぐり

今回の旅行の主目的です。ちなみに泊まったのは洞川(どろがわ)温泉という修験道の里、秘境の地。すごくいいところだった。交通アクセスが異常に悪い以外は。オフシーズンだったので、バスがホントになくて。この時期は車で行くところでした。雨だったんで…

国立近代美術館 生誕100年 ジャクソン・ポロック展

ポロックはカオスではないということを学んだ。シュルレアリスムとか、ピカソとか、ネイティブアメリカンの芸術とか、いろんなものに影響を受けて、行き着いた先があの絵だっていうのは、生きてて辛い感じがする。アクション・ペインティング。ポロックが描く…

横浜美術館「松井冬子展 世界中の子と友達になれる」

少女とか、内蔵とか、虫とか、幽霊とか、描いている日本画家。全然知らなかったんだけど、その道では美人アーティストとして有名らしいw。たしかに美人、っていうか、画家のセクシーグラビアとかなんだこれw。展覧会のサブタイにもなってる「世界中の子と友…

鎌倉旅行と『シャルロット・ペリアンと日本』展

成り行きで、ひとりで鎌倉小旅行してきました。金曜日酔っ払って小田原まで寝過ごした、、、ならまだましだったんだけど慌てて降りた駅がなんと富水。どこだかわからないでしょ?私もわからなかった。小田 原まで深夜料金のタクシーに乗って、寝る場所探した…

藤子・F・不二雄ミュージアム

鉄道博物館に行った時に、老若男女が非常に楽しそうにしていて幸せな気分になったけど、今回もそんな感じ。カップル多めでしたが。小田急線の向ヶ丘遊園というへんぴな場所に。ドラえもんトレインが都条例(なんだかイヤな響き!w)に違反しているとかで中止…

ラフォーレミュージアム原宿『ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展〜映画とその周辺〜』

嶽本野ばらを通してしか知らない、ラフォーレ原宿。どんなに恐ろしいところかと覚悟していったら思ったより入りやすかった。帰りにあこがれの地下にも寄ってみたけど、全然ゴスロリの子とかいないの。と思っていたら、いかにも「男って穢いっ!」って思って…

国立西洋美術館『大英博物館 古代ギリシャ展 THE BODY 究極の身体、完全なる美』

神戸以来2回目。今回は大学つながりで友達と。劇団後輩に西洋古典専攻がいるといううれしいサプライズ。久々のギリシャトークにウンチクが爆発した。正直すまなかったと思っている。かなり混んでた。ギリシャ注目されてる?w小物が多いので、混んでると見る…

ヨコハマトリエンナーレ2011@横浜美術館

戸松遥のライブのついでに、、、こんな暑いのに美術館なんかいってられっかよ! いえいえ、とてもおもしろかったです。 展示室の中で、ダンスというか、パフォーマンスしてる人がいたり。 アジアの作品多め。 荒木経惟、横尾忠則、ダミアン・ハースト、有名…

九州国立博物館

太宰府天満宮から場違いな長いエスカレーターを登ると、そこには超絶近代建築が!新しい美術館、ノーチェックだったのでサプライズだった。森のなかにガラス張りのへこんだロールケーキみたいな感じのまあ、でかいけどそんなにヘンテコではない。天井をたぶ…

森美術館『フレンチ・ウィンドウ展』

ひさしぶりの森美術館。現代アートの展覧会もひさしぶりです。 感想ってすごく難しいんですけど、癒された。現代アートは癒しです。 キャプションがすごく丁寧、なのは良くない。文脈を教えてくれるのはありがたいけど、解釈のかなり細部を提示してしまって…

東京オペラシティ アートギャラリー『ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー』

19時過ぎていったら半額500円だった。 子供がかわいい。写真は全部アクリルに貼られてる、だからね、何度もいってるけど、写真にアクリル貼るのは好きじゃないんですよ。子供かわいい。ラフに製本された過去のグラビアとかの作品を収めたアルバム的なものを…

東京国立近代美術館『パウル・クレー おわらないアトリエ』

またバウハウスか、と。でもね、好きなんです。 作品の制作過程に焦点を当てた展示スタイル。なんだけど、キャンバスの裏と表に作品が描いてあって、ね、面白いんでしょう?じゃちょっとよく判らない。クレーは裏と表を意識して使っていたのか、裏紙を使った…

東京都写真美術館 『世界報道写真展2011』ほか

『世界報道写真展2011』 去年〜今年は世界中でものすごい天災が相次いで、その都度記憶から去っていったものを再確認。ニュースになっていて知っていたものも知らなかったのか、聞き流していたものもあるけれど、こんな事が起きてるんですよ!!という強烈な訴…

アート★アイガ にしはらあずさ “AZSチャンネル”

ブリヂストン美術館から歩いてすぐのところのちっちゃなギャラリー。実はこっちがメインの目的だったりする。 先日行った美大合同の卒業制作展で、一目惚れしたにしはらあずささん。個展があるということで行ってみました。 こういう、plasticな少女はツボで…

アンフォルメルとは何か? —20世紀フランス絵画の挑戦

ブリヂストン美術館初めて行きました。そんなに大きくはないけど、きれいで収蔵品もバラエティーに富んでそうでよさげな美術館です。さすが総理大臣出しちゃうようなところは違います。 今までノーチェックだった世代のアート。表現主義のあと、ポップアート…

国立新美術館『アーティストファイル2011』

表参道からふらふらと歩いてたどり着いた。お散歩がきもちいい季節。 入るといきなりスペクタクルなF1の絵がひろがっているので、今回もキャッチーですね、とニヤニヤしながら思う。同じ人が『モンタギュー家とキャピュレット家』なんて絵も描いているので面…

手前になんかある。神奈川県立近代美術館『モホイ=ナジ/イン・モーション』

ゴールデンウィークに少しでも休日っぽいことを、と言うわけで、葉山まで小旅行。天気もよくて、とても気持ちよかった。 西アジア的な名前かと思っていたら、ハンガリーの人でした。他のバウハウスの先生の作品と比べると、絵も写真も暖かみがある感じ。でも…

神戸市立博物館『大英博物館 古代ギリシャ展』

行ってきました、神戸まで。神戸の街はとってもきれい。東京でいうと丸の内みたいな感じのところに市立博物館はありました。大英博物館の世界巡回企画。夏には上野にも来る予定ですが、原発事故で来なくなったりするんじゃないかと、衝動的に神戸まで。(ち…

国立新美術館『シュルレアリスム展』

そんなにド級の作品は来てないけれど、地味にすごい作品がいっぱい。ポンピドゥーいったなあ、とか思い出しながら、大学時代の先輩とデートだったのよん。ケンタウロストルソカーニヴァル頭フル回転で作品と向き合わないといけないので、疲れる。ひとりで来…

新宿写真ギャラリー巡り

といっても結局2カ所しか回らなかったんだけど。レンズメーカー勤めのプロに案内されて、ニコンサロンとエプソンギャラリーに。『2010 日本カメラフォトコンテスト展』全国高等学校文化連盟『日韓/日中高校生 写真交流の集い写真展』小久保 雅弘 写真展『LI…